がん免疫療法コラム

【2021年最新まとめ】癌の治療法とは〜4大治療法とその特徴〜

癌の癌治療について皆さんはどのような認識をお持ちですか?

「癌には治療法が無い?」

「癌治療ってどんなものがあるんだろう」

様々な疑問があると思いますが、癌の治療方法を知らない方もこの記事を読めばたった5分で癌治療に詳しくなることができますよ。

今回は癌の4大治療法について分かりやすく説明していきます。

 

癌の4大治療法

近年は癌治療も進化し、現在日本で行われている癌の治療法は4つあります。1つずつ説明していきます。

 

癌の治療法①手術療法

まずは、最近まで癌の1番の治療法だと言われていた手術療法について説明していきます。手術療法はメスで癌細胞を切り取る治療法です。癌細胞を完全に切除できれば癌を完治させることができますが、根治を目指した手術療法のあとでも再発が見られるケースもあります。手術というと大きな負担がかかるイメージですが、最近では比較的負担が少ない腹腔鏡下での手術も行われています。

 

癌の治療法②放射線療法

放射線治療は癌細胞に放射線を当てることによって癌を縮小・治癒させる治療です。放射線治療は大きく分けて2つで、外から当てる方法と中から当てる方法があります。後者は体内に放射性物質を挿入したり、飲み薬や注射が用いられます。一般的にはこの外からと中からの両方を組み合わせえた放射線治療が行われます。

 

癌の治療法③化学療法

化学療法とは抗がん剤を使用した療法です。癌の増殖や転移を抑える効果が期待できます。抗がん剤を用いる化学療法は吐き気や脱毛という副作用が強いイメージですが、その分効果も大きいと言われています。抗がん剤は血液中に入り全身のすみずみまで効果を発揮してくれますので、しっかりと管理すれば癌の進行を遅らせることができる治療法です。

 

癌の治療法④免疫療法

新たな癌治療として注目されているのが、免疫療法です。免疫とは細菌やウイルスから体を守ってくれるシステムのこと。このシステムを利用し癌を攻撃するのが免疫療法です。先に紹介した3つは癌を外側からやっつける治療法でしたが、免疫療法は体が本来持っている免疫を利用した治療法なので、他の治療法ほど即効性は期待できません。ですが、癌と戦う働きが長期間持続するのが特徴で、3つの治療法との組み合わせでより効果を発揮すると言われています。

 

まとめ

さまざまな癌の治療法を紹介しましたが、しかっりと検査を行い癌の進行度や大きさに合わせ適切な治療法を選択することが大切です。患者様本人とそのご家族が納得できる治療を受けられるよう、定期的な検査を行い医療スタッフとともに最適な治療法を考えていきましょう。

この情報をシェアする

よく読まれている記事